nekono-me
Text Size :  A A A
|  Diary photo  |  Trip  |  Gallery  |  about  |  Contact  |

●チェンマイ よもやま話その1

なぜいきなりチェンマイに?と、帰国後いろんな人に聞かれたのですが、
理由はいたってシンプル。父親がそこに住んでいるから(詳細略)。
今回初めて旧友達とそのおばちゃんと、父の元に訪ねて行ったのです。
メンバーも一見不思議に思うかもですが、自分達にとっては自然な成り行きで(詳細略)。
Img_b32f50cad9b4f4ee4d475ad85559f392
旅の御一行
Img_d42e6db4980b79999294abb78447ac45
泊まった貸しアパート
Img_cecb5620a67c80591bd696eb8322bbe3
高台から見渡すチェンマイ市街地
バンコクから乗り継ぎ1時間程。北部に位置するチェンマイは、タイ第2の都市や古都などと呼ばれ。
行くまではなんとなく田舎なイメージだったけど、実際はお店も人もバイクもあふれ活気的でした。
その一方で自然やお寺なども多く、なるほど過ごしやすい街だなといった印象。
衛生面とかも全く気にならず、私たちが泊まったのは長期滞在者向けの貸しアパートだったのですが、
ちゃんと毎日ベッドメイキングも(それで一泊一人700円程!)。まぁ、お湯の出はイマイチでしたがw
Img_ff1f81cd81679a7279bf77cb14a15785
サンデーマーケットの賑わい
Img_8c15c55922ad928dd13875d662cf85d3
路上マッサージも大人気
街の活気を最も感じたのが、サンデーマーケットとよばれる露店市場。
毎週日曜日の夜に行われるというこのイベントは、お祭りのようなフリーマーケットのような感じで。
観光客のみならず、地元の人も利用するという事ですごい賑わいでした。
あらゆるものが売られていて、とてもおもしろかった〜!交渉しだいで値段がどんどん変わったりして。
市場の端から端まで見て歩くのに、ゆうに2時間掛かってしまいました。

                                                   その2に続く→next